top of page

しんぶん赤旗「主張」欄の記事(2024.3.21)

3月21日、しんぶん赤旗が、「主張」欄にて、「奈良教育大付属小 介入は明確、強制出向をやめよ」という記事を掲載しました。


紹介させていただきます。



奈良教育大付属小 介入は明確 強制出向をやめよ


 国立奈良教育大学付属小学校に対する教員出向の強要など、国による不当な政治介入が明らかになってきました。日本の教育全体にとっての重大な問題です。


 同付属小は地元で、子どもたちがのびのび育ち不登校も少ない学校として知られています。その教育は『みんなのねがいでつくる学校』という本にもなりました。


国も「モデル的」と評価


 県教委から介入のため派遣された校長も「本校の教員は子どもに対して実に丁寧にきめ細かく指導していたことは間違いなく、驚くほど前向きに自分の言葉で話せる児童が多い」と大学のホームページに記しています。文科省さえ、国会で「非常にモデル的な良い教育をやってきた」と答弁するほどです。


 ところが、介入は、同校の授業が学習指導要領通りではないなどを口実に始まりました。しかし、授業は教員が指導要領を参考にした上で創意工夫したものばかりでした。例えば、ローマ字を3年でなく4年で扱ったのは母音と子音という抽象概念が理解できる4年が適切だと考えたためです。


 そもそも指導要領は大綱的な基準であり、授業をあれこれ縛ることは許されません。七生養護学校事件の確定判決(2011年、東京高裁)が「その一言一句が拘束力すなわち法規としての効力を有するということは困難である」とした通りです。


 図工で教科書を使っていないともされましたが、それは教科書が出版元の事情で廃版となった際、保護者から300冊寄付してもらい修繕しながら使ってきたというものです。この教科書は安野光雅氏や佐藤忠良氏など日本を代表する美術家が執筆した名著でした。


 学校運営が不適切とも批判されました。しかし、職員会議で合意形成をはかり、ボトムアップで学校を運営してきただけです。職員会議で議決し、校長権限をしばることもしていません。


 いずれも道理のない難癖です。


 問題は、そのために、この4月から約3年の間に付属小固有の全教員が強制出向させられようとしていることです。保護者たちは「子どもたちが安心してこれからも学びを積み上げられるよう、強硬な異動措置には断固反対いたします」と2千筆以上の署名を集めました。校長室に抗議に行く子どもたちもいたといいます。


 大学側は「自民党の文科部会で議案にあがり、かなりのご意見、批判を受けた」「文科省の上層部から全員替えろと言われ、それでは運営できないということで何回も折衝した結果」と政治的圧力による人事だと説明しています。記録もあり国の違法な介入は言い逃れできません。大学は違法な介入による強制出向を中止すべきです。


硬直した学校観見直しを


 創意工夫の授業とボトムアップの学校運営のもとで、付属小の豊かな教育がうまれました。これに立ちはだかったのが、指導要領の絶対化とトップダウンの学校運営という国のめざす学校像です。


 しかし、そうした国の発想で学校は形式的な場となり不登校がふえ続けています。硬直した発想こそ見直しが求められます。付属小の問題を語り合い、強制出向を許さず、子どもにあった創意工夫した多様な教育をみんなでつくる輪を広げていきましょう。


閲覧数:171回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

コメント


bottom of page