top of page

シリーズ 奈良教育大附属小の教育① 図工編 (2024.3.12)

大学の調査によって「不適切な指導」とされた附属小の教育について、関心が高まっています。


奈良教育大付属小学校編『みんなのねがいでつくる学校』(クリエイツかもがわ 2021)が有名で広く読まれているのですが、4月25日に菊池省三・原田善造著『ネットニュースだけではわからない 子どもを主人公にした 奈良教育大附属小学校の豊かな教育』(わかる喜び学ぶ楽しさを創造する教育研究所〈略称:喜楽研〉)という本が緊急発売されます。


価格はなんと900円(税別)という破格の安さ。原田社長の話では、付属小支援のため赤字覚悟での出版だそうです。


月末ごろには店頭にも並ぶと思いますので、ぜひお読みください。


喜楽研さんのご厚意により、その内容を順次教科別にご紹介しながら、奈良教育大附属小の教育実践の一端を紹介させていただきたいと思います。


第1回は図工教育です。


大学の調査報告書では、「教科書を使用していない」などと指摘され「不適切」とされていますが、ここに紹介されている児童の絵画作品は、元小学校教員であった私からすれば驚異的なレベルの高さです。


小1から、系統立てて教育が積み重ねられてきていることがよくわかります。














閲覧数:179回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comments


bottom of page