top of page

図工美術教育研究 新しい絵の会が声明を発表(2024.3.9)

3月9日、図工美術教育研究 新しい絵の会が、以下の声明を発表しました。


紹介させていただきたいと思います。


奈良教育大学付属小学校で起きている問題について(声明)


私たち新しい絵の会は図工美術教育を通して、子どもたちに表現する力をつけ、生きる喜びにつな げてほしいと教育現場で様々な取り組みを行ってきています。それは子どもの表現を丁寧に、優しく、 個々の課題を取り上げ、色や形に置き換え、思いを伝え合うといった時間のかかる内容です。


今、奈良教育大学付属小学校(以下、付小)では、同校の教育課程が学習指導要領に照らして「不 適切」だとして変更を求められていますが、それは極めて不当な扱いだと考えます。


学習指導要領は 大綱的基準であり、地域や環境、個性によって異なる様々な課題を無視して全国一律にする、という ものではないはずです。


特に子どもたちの心の中を掘り下げて造形していく美術表現の教育は、多様 で、自由でなければならないものです。


付小の児童の作品は、長く子どもたちに寄り添った豊かな実践が生み出してきたものです。個々の 子どもたちに寄り添った自由で、多様な取り組みがあったからこその成果だと思うのです。


美術教育 は、子どもたちの表現を読み取るクラスの仲間と教員の営みがあってはじめて実を結びます。それぞ れの子の表現をしっかりと見つめ、共感し、読み取り合いを生み出す信頼できる教員との関係がとて も大切です。


今回、学習指導要領に照らして「不適切」とされ、多くの教員が他校へ「出向」させられるということに驚きます。


このようなことが教育の名のもとに行われることに強く憤りを感じます。多くの教員を「出向」させることについては、すでに子どもたちや保護者には大きな不安と動揺を与えていることと思います。


奈良教育大学は、未来の教員を育成する使命を担っている教育大学です。


そして、付小は子どもた ちを感性豊かに育てる教育を積み上げている学校です。


奈良教育大学付属小学校への権力的な介入を直ちに中止し、教職員との丁寧な対話によってより良 い教育課程づくり・学校づくりを行うことを強く求めます。



2024 年 3 月 9 日

図工美術教育研究 新しい絵の会事務局


閲覧数:248回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comments


bottom of page