top of page

朝日新聞奈良版の連載②(2024.4.5)

朝日新聞奈良版が、奈良教育大学附属小の問題についての連載(中)「公教育のモデルつくるつもりが『法令違反』 奈教大付小教員の嘆き」を掲載しました。


朝日新聞デジタルで全文が読めます。



一部を抜粋して紹介させていただきます。



 大学側は、授業時間が不足した項目については補習の実施などを命じる一方で、教員の出向方針を打ち出した。


 当初は「3年で全員異動」との方針を示したが、教員の反発もあり、「2年で半数程度」に後退。今年度は4人の出向・配置転換が決まった。県から人事交流で来ていた教員の帰任や単年度教員の退職もあり、教職員約50人のうち26人が同校を去ると3月の終業式で発表された。


 出向する女性教員は「犠牲になるのは子どもたちだ」と心配する。同校の教育の根っこには「一人の人間の成長を信じて、待つこと」があるという。


 授業中の立ち歩きや私語をする子どもを頭ごなしに叱りつけることはしない。「困った子は困っている子。その子の背景をとらえ、育ちを支えよう」との思いを同僚と共有してきた。6年間を通じて育ちを見守れるからこその指導だ。


 女性はかつて地元の公立小で教員をしていた時は「言うことを聞かせることが教員の力量」と思っていた。だが、付属小に赴任して「子どもが自分でつかみとる過程を支えるのが教員の仕事だ」と子どもたちから教わったという。


 しかし、教員が今後も次々出向することが見込まれ、6年間の育ちを見守ることは難しくなる。女性は「これまでのような接し方はできなくなるのでは」と心配する。



閲覧数:286回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

1 Comment


教育の原点は、子どもも優しく育み育てることにあります。しかし、そのような教育に教職員が力を合わせて取り組んでいる学校は日本では数少ない。その数少ない学校の一つが奈良教育大学附属小学校である。そのような学校を一部の大人のエゴで潰そうをしている。それによって犠牲を被るのは多くの子どもたちであることを忘れてはいけない。これまで楽しく登校してきた子どもたちが、学校へ来れなくことを私は心配している。そうなったときに、エゴを押し通した大人たちは責任を取れるのか。

Like
bottom of page