top of page

朝日新聞奈良版の連載③(2024.4.6)

朝日新聞奈良版が、奈良教育大学附属小の問題についての連載(下)「奈教大付小の教育は『不適切』か 研究者らが上げる疑問・反発の声」を掲載しました。


3.31市民集会についても取材して書いてくださっています。


朝日新聞デジタルで全文が読めます。



朝日新聞では、今後、全国版でも教育欄にて特集記事を掲載の予定だと聞いています。


一部を抜粋して紹介させていただきます。


 3月31日、奈良市内で「奈良教育大付属小の教育を守る市民集会」が開かれた。緊急声明の呼びかけ人を務めた研究者たちが登壇。大学の姿勢に疑問を投げかけた。


 中嶋哲彦・名古屋大名誉教授は「本来何より優先すべきは子どもの教育の保障のはず。大学は正当な理由なく教員を強制的に出向させようとしている。本末転倒だ」と述べた。


 「実験的な試みや工夫が未来の学習指導要領に反映される。肯定的に評価する面もあるはずなのに、大学の調査報告書は一面的で一方的だ」とし、奈良県教育委員会の求めに応じて調査に至った判断についても、「不当な支配を許した。全国の教育現場を萎縮させる」と批判した。


 折出健二・愛知教育大名誉教授は「教育大学でありながら学習指導要領を点検の手段に用いて、教員を統制・管理する口実にしている。その向こうにあるのは、国や文部科学省に従い、校長の権限のもと、文句を言わないことを是とする教育だ。子どもたちの未来はどうなるか」と指摘した。


 集会を主催したのは、奈良教育大の卒業生や同小の元教員たちから成る「奈良教育大付属小を守る会」。参加者はオンラインを含めて400人を超えた。通路まで人があふれ、主催者は急きょ第3会場まで手配した。


 

閲覧数:265回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comentários


bottom of page