top of page

閲覧数は3万3千超、呼びかけ人は64名に(2024.2.27)

当サイトの訪問者数は8704人、閲覧数は33686を記録し、呼びかけ人は以下の方が新たに加わって合計で64人になりました。


呼びかけ人(2024.2.27現在、敬称略)


​今滝憲雄(大阪健康福祉短期大学教員)


大津尚志(武庫川女子大学准教授)


大日方真史(三重大学准教授)


久保田貢(愛知県立大学教授)


後藤篤(宮城大学准教授)


佐藤隆(都留文科大学名誉教授)


佐藤博(元東京都公立中学校教員)


中村清二(大東文化大学准教授)


原北祥悟(崇城大学助教)


増田修治(大学教授)


宮崎充治(弘前大学教育学部)


新たな方が加わり次第、随時追加更新していきます。




〇PTA保護者有志署名提出、大学組合連合団体交渉の情報


聞くところによりますと、PTA保護者有志が取り組んでいる署名は、保護者数を大幅に上回る多数の署名が集まり、27日に学長宛てに提出されるようです。


大学の教員、職員、附属学校教職員の労働組合の連合が、27日夕刻に大学当局と出向人事方針についての団体交渉を行うようです。


大学当局が、出向人事方針についてどのような姿勢を示すか注目されます。

閲覧数:150回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comentários


bottom of page