top of page

7月1日奈良県議会文教くらし委員会での阪口議員の質問の動画が配信されました(2024.7.11)

7月1日に行われた奈良県議会文教くらし委員会において阪口保議員が「奈良教育大附属小学校との人事交流について」を県教委に質問されました。


その様子を録画した動画が奈良県議会のホームページにUPされました。



20分あたりです。ぜひご覧ください。



後半のやりとりを要約して紹介しますが、県教委の姿勢は大変無責任なものと感じます。


Q 奈良教育大付属小の生徒、保護者が混乱をしたことについて県教委としてどのように考えておられるか?


A 東村教職員課長「奈良教育大付属小の児童や保護者の状況について詳細は把握しておりません。奈良教育大において適切に対応されるものと考えております」


A 教育長:「記事は拝見しております。それに関しましてこちらの方でなにかその対応させていただくのではなくて、奈良教育大において適切に対応されるものであると考えております」


Q 奈良教育大付属小の混乱について県教委の責任は?


A 大石教育長:


「混乱の責任があるかどうかについては、正直知識をもっておりません」


Q 出向の制度を中断すべきでは?


A 大石教育長


「おっしゃっていただいているような状況があるということも生じておりますし、係争中であるということにもなっておりますので、その状況を注視して今後の人事交流については検討してまいりたいというふうに思っております」



閲覧数:103回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comments


bottom of page