top of page

奈良国立大学機構から文書開示決定通知(2024.6.18)

6月17日、奈良国立大学機構より、奈良教育大附属小を守る会が求めていた文書開示に関する決定通知書がとどきました。


①「奈良教育大学附属学校園調査委員会設置要項」は開示が決定されましたが、大学と奈良県教育委員会、文部科学省との折衝に関する文書、学長、副学長、附小校長の県教委、文科省への出張命令・復命は「存在しない」との回答です。


しかし、大学と文科省の折衝は、10月10日に学長らが文科省へ出張し、その後も12月にオンラインによって少なくとも3回行われていることが、国会の質疑において文科省側の回答により明らかになっています。


また、校長は、水曜日の教員会議の翌日の木曜日には、県教委へよく出かけていたという職員の証言もあります。


それなのに、折衝に関する文書も、出張命令・復命も存在しないというのは、到底納得がいくものではありません。


出張していたら、旅費支給や公用車使用も行われているはずです。


したがって、この不開示決定についても、不服の審査請求を行いたいと思います。






閲覧数:123回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comments


bottom of page