top of page

全生研常任委員会が声明(2024.3.6)

3月6日、全生研(全国生活指導研究協議会)常任委員会は、以下のような「奈良教育大学附属小学校の問題に関する声明」を発表しました(すでに細田 俊史さんが「話し合おう」のページにも投稿していただいています)


そして、緊急署名への協力を全国に呼びかけておられます。


紹介させていただきます。


奈良教育大学附属小学校問題についての声明文 


 昨年から報道されている通り、奈良教育大学附属小学校で行われている教育課程について、学習指導要領に照らして「不適切」だと変更を要求されています。


 奈良教育大学附属小学校では、地域や子どもたちの実態を踏まえて創造的な教育課程を作成して教育実践を積み重ねてきていました。ところが奈良教育大学への学校外部からの声をきっかけにして、大学当局は学習指導要領から外れているかどうかをチェックし、これまでの教育課程が誤りであったと断定しています。


 学習指導要領は「教育課程の基準を大綱的に定めるもの」であり、各学校ではそれを基にして地域や子どもの実態に応じて教育課程を編成することになっています。奈良教育大学附属小学校の「みんなのねがいでつくる学校」を理念とした教育実践は高く評価されてきています。今回の事案はその優れた教育課程や教育実践を一方的に否定するものです。


 さらに、これまで学校づくりを担ってきていた多くの教職員を、意向を無視して公立学校に「出向」させようとしています。多くの教職員を異動させることについては、すでに子どもたちや保護者には大きな不安と動揺を与えています。


 奈良教育大学は、未来の教職員を育成する使命を担っている教育大学です。奈良教育大学附属小学校への権力的な介入を直ちに中止し、教職員との丁寧な対話によってより良い教育課程づくり・学校づくりを行うことを求めます。



2024年3月6日


全生研常任委員会



閲覧数:147回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Comments


bottom of page