top of page

片岡洋子先生が『作文と教育』に寄稿(2024.6.17)

日本作文の会編集『作文と教育』912号、2024年6・7月号に、片岡洋子先生(千葉大学名誉教授、教育科学研究会委員長)が、「奈良教育大学附属小で何が起こったか」を寄稿しておられます。


大学の調査報告書によって「不適切」とされ一方的な報道がなされた経過、学習指導要領が教育現場の実践を拘束し、教育の自由を奪う問題点、附小の教育と教師、全国の教育実践の自由を守るための市民の動き、子ども不在の調査と対応の問題点などを鋭く指摘してくださっています。


ぜひ、お読みください。


以下に、一部抜粋させていただきます。


「学習指導要領とそれに準拠した教科書だけで教えていたら、『驚くほど前向きに自分の言葉で話せる』ようにはならないから、奈附小の教員たちは創意工夫をしてきたのです。


それを否定し、強制出向を行ったことの問題点を明らかにし、これが全国の学校にとっての悪しき前例にならないようにするのが、これからの課題です」





閲覧数:128回

最新記事

すべて表示

「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました(2024.7.19)

奈良教育大付属学校園教職員組合付属小分会と附小退職者(元校長を含む、現14人)で組織する「附小裁判をともに闘う会」が立ち上がりました。 会の呼称については、「原告とともに闘う」、また「裁判を支援してくださる方とともに闘う」という意味を込められているそうです。 これからの取り組みとしては、「守る会」と共同して、 ・裁判や職場・学校の状況を日常的に発信し、情報を共有する。それをもとに、それぞれの団体や

裁判の第一回弁論の期日が9月10日(火)に決定(2024.7.17)

奈良教育大学附属小学校不当出向命令無効確認訴訟 第一回弁論の期日が決定しました。 9月10日(火)15:45~ 奈良地方裁判所 です。 原告側からの意見陳述などが行われる予定です。 この後、18:00くらいから、いろいろな団体や個人に呼びかけて、オンラインでも結んで、みんなで裁判支援集会ができたらと考えています。 具体的なことが決まり次第、お知らせしますので、日程を空けておいてください。

Kommentare


bottom of page